シーズー

ずっと健康なわけじゃない|ペット保険は命のお守り

家族の一員として大切に

犬と聴診器

運動できる環境づくり

人間の世界で医療器具が発展を続けているように、ペット用の分野でもさまざまな器具が開発されています。人間は言葉が話せるので意思表示は簡単ですが、ペットの場合は主人が行動を見て察知してあげることが大切です。そのためにはまず、寝たきりにならないように動ける環境を作り出してあげると良いでしょう。日本国内においてはペットとして犬を飼育する家庭が多く、犬用の車椅子のように専用の介護用品が人気です。犬用の車椅子は前・後ろ足のどちらにも対応し、行動が制限されないようにコンパクトな設計となっています。車輪の角度も転倒しないように調整されていますので、主人が近くにいれば起伏のある地形でも安心です。このように、犬用の車椅子を導入するだけでも、たくさんの希望が得られることでしょう。

扱いやすさもポイント

車椅子はサイズごとで販売されていて通販でも購入できますが、犬は種類ごとに体型が大きく異なります。もし極端に体が大きかったり小さかったりという場合は、オーダーメイド品を検討してみるのも良いでしょう。成長でサイズが変化することも考えられますので、購入先のように長く付き合える相談相手を作っておくと安心です。犬用であっても介護用品を使用するからには、主人や代わりとなる人間が必ず付き添うことになります。移動の際に乗り物を利用する可能性も考慮して、乗車時の扱いやすさにも着目するべきです。動きやすさと扱いやすさは行動範囲が広がるということでもありますので、しっかり選んでおくと主人だけでなく犬の幸せにもつながることでしょう。